ヒガサラblog

サラリーマン攻略法を徹底解説。(出世、就活、上司、仕事、クリアするのはこれだけ。)仕事で使えるプログラミングスキルも多数掲載!

ヒガサラblog

【スキルアップ】Python習得に向けた環境構築

f:id:yshgs_elec:20200525094604j:plain



私は現在Pythonをマスターすべく日々勉強を行っています。

 

このブログではエクセルVBAのスキル紹介記事に加え、私自身がPythonをマスターしていく過程を掲載していきたいと思っています。

 

私はVBAはそれなりにできますが、Pythonは全くの素人です。

これからPythonを勉強したいと思っている方はぜひ一緒に初歩中の初歩から勉強していきましょう。

 

関連記事

www.higashisalary.com

 

 

本日の内容はPythonマスターへの道 その①環境構築です。

私は普段SurfaceGoを使っているのですが、

SurfaceGoではWindows10sモードといって通常のWindows10とは

少し異なる環境でPC作業をしておりました。

 

WIndows10sモードの特徴としては以下が挙げられます。

・microsoftが定めたソフトウェアしか後からインストールすることができない。

・強固なセキュリティ環境となっている

 

Pythonそのものはmifcrosoftが定めたソフトウェアに認定されておりますので

Mifcrosoft Storeから無料でダウンロードすることが可能です。

Pythonは簡単にインストールすることができました。

 

一方でPythonを利用していく過程で

AnacondaというPythonを利用するうえで非常に重要となる(らしい)ソフトは

Microsoftが定めたソフトウェアではありませんので

まずはAnacondaをインストールできるようにする必要がありました。

※ここはWindows10sモードを使っている人にしか関係ありません。

通常のWindows10を使っている方は一瞬でAnacondaをインストールできます。

 

というわけでAnacondaをインストールするためにまずは

Windows10sモードを解除し、通常のWindow10に変更する必要がありました。

 

Windows10sモードについては

Microsoftの以下のページのとおりに実行すれば解除することが可能です。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4456067/windows-10-switch-out-of-s-mode

 

無事Windows10sを解除できた私は

anacondaをインストールすることができました。

(インストールしたもののまだAnacondaを使うレベルに到達してないのでAnacondaが何をするものなのかは私の成長の後にまたご報告いたします。)

 

次にぶちあたった壁は

コマンドプロンプトがない問題です。

私が勉強用に購入した本の中ではPythonを起動するには

コマンドプロンプトでPythonと入力する、という記載がありました。

コマンドプロンプトくらい知ってるぜ!!と意気揚々と

SurfaceGoの中身を検索しましたが・・・

コマンドプロンプトがない!!!

 

そんなことあるのかと驚愕したものの

まぁこれくらいはMicrosoftStoreでダウンロードできるだとうと

MicrosoftStoreを訪れたものの・・・ない!!!

いろいろとネットで調べたところ
Windows TerminalというMicrosoftStoreにあるソフトが

コマンドプロンプトの代わりとなっているようでした。

※MicrosoftStoreではWindows Terminalという名前で表示されていましたが

実際にインストールして起動するとWindows Powershellという名前で起動します。

 

やっとこさWindows Terminalをインストールした私はやっとこさ

・Windows Terminalを立ち上げる

・Pythonと入力する

⇒Pythonの起動に成功いたしました!!

さらに

>>>print("Hello")

Hello

>>>

というスーパー初歩中の初歩コマンドを実行することに成功。

 

たったこれだけのことですが、

PCに詳しくない人がやると挫折するレベルのことだと思います。

これからもそんなPC初心者によりよった記事を掲載していきたいと思いますので

今後もよろしくお願いいたします。

 

いずれにせよ、Python環境を構築した私は

Pythonマスターへの道を確実に一歩踏み出したと言えるでしょう。