ヒガサラblog

サラリーマン向けに、仕事を効率良く進めていくための方法についてご紹介しています。プログラミングから対人スキルまでを幅広く掲載中。

ヒガサラblog

【変革】業務自動化で残業ゼロに!

f:id:yshgs_elec:20200525094604j:plain

私はサラリーマンですが、何の不満もなく、日々楽しく生活できています。


時代が変わりつつあるとはいえ、まだまだ多くの人間がサラリーマンにならざるを得ない世の中です。

サラリーマンをやりながら毎日楽しく生きることができている私だからこそ、サラリーマンである多くの人に有益な情報をとどけられるのではないか?

そんな想いのもと、今回は日々の業務の自動化についてお話していこうと思います。

まず始めに、私の言いたいことは一つです。
徹底的な業務効率化を進めましょう
ということです。

 

この記事では

・業務自動化によってもたらされる生活の変化
・業務自動化を行う本質的な意義
・無駄な作業の見つけ方
・業務自動化のやり方
についてご紹介いたします。

 

 業務自動化によってもたらされる生活の変化

業務効率化の代表的なものとして、プログラミングが挙げられます。
私はこれまで社内の様々な業務をプログラミングで自動化してまいりました。

その結果、以下のような現象が起こりました。
■一日数時間費やしていた作業を自動化し、10秒程度で完了するシステムを構築。
⇒その数時間が浮く。
⇒残業が減る。
⇒定時で帰れる。
⇒帰って家事、育児に参加。
⇒家庭円満。

というように、仕事を効率化させることで、プライベートにまで、大きな変化をもたらすことができました。

 

 

業務自動化を行う本質的な意義

残業がなくなるということは、普段の通常業務にも余裕時間が生まれていることを意味しています。
その結果
・ひとつひとつの業務を丁寧に、ミスなく遂行できる。
⇒やり直しに割く時間を撲滅。
・空いた時間でさらに業務効率化を進める。
⇒さらに余裕時間を生み出せる。
これらの効果により、より一層、業務に余裕が生まれてきます。
ここまでくるともはや、これまで以上のアウトプット量を出しながら、1日8時間働く必要がなくなってきます。
そうなると、業務時間中の数時間を自分の成長に充てることが可能になります。
自分の成長によって得られた知識を、会社に還元すればいいのです。決してさぼっているわけではありません。
これってとんでもなく、自分と会社にとってWin-Winじゃないですか?

私は業務中の余裕時間を使って自らに取り込んだ、知識や経験をこうやって情報発信しています。それによって、現状わずかではありますが、収入も得ることが可能になっています。
会社は残業代を払うことなく、これまで以上にアウトプットを出してもらえる。自分は業務時間を使って成長し、さらに副収入まで得るこどができるのです。
ね?Win-Winでしょ?
え???
副業なんて儲からない!
会社のWinとか知ったこっちゃねー!
残業した方が稼げるじゃん!
って?

 

確かに短期的に見ればそうでしょうね。

副業については、あくまで本業に何かあった時の保険、と考えておく方が良いですね。
長く存続し続けることが出来る会社は稀です。
本業の給料がなくなった時に、少しでも稼ぎ口を持っているということは、大きな安心感に繋がります。残業だけで生計を立てていては、このような事態にすぐに対応することはできません。
そういった意味でも、本業の効率を上げて、副業にチャレンジしましょう。

次に、会社のWinなんか知ったこっちゃねー!という方。
そうは言っても会社員です。会社がなくなって困るのはあなたです。
長期的に見れば、会社の利益が上がれば、ボーナスや基本給が上がります。
会社のWinはあなたの将来のWinなのです。
少しでも業務効率を上げて会社の利益に貢献しましょう。

そして、残業しないと生活が成り立たない、という人に限っては、確かに残業しないとどうしようもありません。ただし、それが業務自動化をしない理由にはなりません。
自動化して業務を効率化し、新たな仕事を獲得しましょう!そうすれば職位も基本給も上がるでしょう。そうして生活に余裕が出た時に、早く帰ればいいのです。
その時に家族と長時間過ごすという、かけがえのない価値に気づくことができるでしょう。

以上が、業務効率化によるメリット、および効率化をする必要がある理由です。

 

無駄な作業の見つけ方

メリットや理由はわかったけど、なにをどうやったら効率化できるのかわからない、という方は多いのではないでしょうか?

ここからはそんな方へのメッセージです。

まず始めに、
何を効率化するか
についてですが、

 

 これに関しては、まずは自分の業務を見つめ直す事から始めましょう。
一つの仕事、あるいは作業の一つ一つに対して
・これってやる必要あるのか?
・これって無駄じゃないか?
と、問いかけてみましょう。

 

そうすることで、ちょっとした無駄を発見することができます。

これまで先輩達が当たり前のようにやっていることを、それがベストなやり方だ、と思い込んだり洗脳されてはいませんか?

そうゆう昔からやられている事にこそ、無駄はたくさん詰め込まれているものです。
今話題のハンコ文化なんてその際たる例です。
ちょっとした意識改革から、無駄な作業や業務を発見していきましょう。

 

業務自動化のやり方

最後に無駄を発見した後は、どうやって自動化していくか?についてですが、
これははっきり言って勉強するしかありません。業務自動化に直結するのはやはり、プログラミングです。ログラミングの勉強をするしかありません

 ちなみに私は会社に入るまで、プログラミングは全くの素人でした。しかし、先ほど申し上げたような、無駄について考えているうちに、あまりの無駄な作業や仕事の多さに嫌気がさしてきたのです。

無駄だとわかっていても、やらないといけない。こんな状況を打破したい。

そういった想いから、コツコツと独学でプログラミングの勉強を進め、今では社内の多くのシステムを自ら手掛けるまでに成長することができました。

そうは言っても無駄を見つけたからと言って、誰しもが独学でプログラミングを習得できるわけではありません。

ですので、そんな人に向けて私のブログでは初心者向けのプログラミングに関する記事を書いています。
もし、プログラミングに少しでも興味を持った方は是非そちらの記事も見ていただけると幸いです。

www.higashisalary.com

以上が、業務自動化のやり方です。

 

終わりに

冒頭にも申し上げた通り、
業務の自動化は人生において非常に大きな効果をもたらします。

 

・残業漬けで日々消耗するサラリーマンを生み出したくない。
・毎日家族と長時間過ごすお父さんを多く生み出したい。

 そんな想いでこの記事を書きました。
これからもサラリーマンにとって有益な情報を発信し続けて参ります。

 

それではまた!!!