ヒガサラblog

サラリーマン攻略法を徹底解説。(出世、就活、上司、仕事、クリアするのはこれだけ。)仕事で使えるプログラミングスキルも多数掲載!

ヒガサラblog

【財テク】サラリーマンならやらなきゃ損!ふるさと納税制度について

f:id:yshgs_elec:20200525093112j:plain

年金崩壊、なんて言葉を頻繁に耳にする昨今、老後の生活に不安を抱えている方は多いのではないでしょうか?

老後資産はちょっとした財テクを使っているかどうかで大きな影響を受けます。
今回は、サラリーマンなら非常に簡単に利用できる、ふるさと納税制度についてご紹介したいと思います!
※このサイトはサラリーマン向けに特化しておりますので、サラリーマンにわかりやすいように記述していきます。

 

ふるさと納税制度の概要

 まず、皆様の給与明細には所得税と住民税があります。
所得税は国に納める税金です。
一方、住民税は皆様が住んでいる市町村へ納める税金です。
ふるさと納税とは、後者の住民税に関わる制度となっています。

それではさっそくふるさと納税について詳しく解説していきます。
※制度を理解してもらうためにものすごくざっくりと書きます。実際の節約効果をそのまま表したものではありませんのでご注意下さい。

A市に住んでいて、年間で36万円の住民税をA市に納めているケースで考えてみましょう。

まず、ふるさと納税を行わない場合。
この場合、当然ですが、A市に36万円の住民税を納めて、それで終了です。

次に、ふるさと納税を行った場合です。
A市に住んでいるにも関わらず、B市に5万円のふるさと納税をしたとしましょう。

そうすると次の年にA市に支払うはずだった住民税から5万円差し引かれます。即ち、次の年にA市に支払う住民税は31万円になります。
つまり、この制度は支払う税金そのものが変わるというものではないのです。

しかし、ふるさと納税を活用することによって、納税先であるB市から、納税額の約30%分(今回の場合は1万5000円分)にあたる返礼品を受け取ることができるのです。

これこそが、ふるさと納税を利用するべき最大の理由です。
本来ただただA市に納めて終わりだったはずの5万円が1万5000円分の商品に変わるわけです。
しかもこのふるさと納税制度は自分の生まれ育った故郷に納税する必要などなく、自分が欲しい返礼品をくれる市町村を自ら選んで納税することが可能なのです。
言ってしまえば、税金で好きなものを貰えるたいう神制度なのです。
私はビールやお米など、普段よく消費しているものを貰うようにしています。
ここで贅沢したら意味ありませんからね。

ざっくりとふるさと納税制度についてご説明しましたが、どうでしょう?やらない理由がありませんよね。
とはいえ、どうやったらいいの?という方は多いはず。というわけで、次はふるさと納税のやり方についてご説明します。

ふるさと納税のやり方

たったのこれだけ!ふるさと納税

 まずはGoogleでふるさと納税と検索してみましょう。すると、様々なふるさと納税サイトが出てくるはずです。
その中からお好きなサイトを選び、クレジットカード、住所、氏名を登録し、お好きな返礼品がある市町村へ納税する。
たったのこれだけです。

ちなみに私は楽天市場からふるさと納税を行うことをオススメしています。
楽天一番からふるさと納税を行う方法、楽天市場からふるさと納税を行うべき理由については以下の記事をご覧ください。

www.higashisalary.com

 

 

ワンストップ特例制度について

ここまで、真面目に読んでいただいた方はお気づきかもしれませんが、このふるさと納税は別にサラリーマンだからできるというわけではありません。所得税を納めていれば誰でも可能です。
しかし、このふるさと納税はサラリーマンだからこそ、より簡単に実施することが可能な制度になっているのです。

ここからはその理由についてご紹介します。通常、このような税金関係の制度を利用した場合、年度末に確定申告と呼ばれる、税金に関する申告をする必要があるがあります。自営業やフリーランスの方は、(そもそも確定申告をする必要があるのですが)確定申告において、ふるさと納税分を申告するという面倒な手続きを踏まなければいけません。

しかし、サラリーマンの場合は、ワンストップ特例制度と呼ばれるものを利用することが可能であり、その制度を使えば面倒な確定申告を行う必要がなくなるのです。

 

ワンストップ特例制度の使い方

 先程ふるさと納税のやり方をご紹介いたしましたが、ふるさと納税を実施する際、必ず【ワンストップ特例制度を利用しますか?】と問われます。(いつ、どこで問われるかはふるさと納税サイトによって様々ですので、よく注意して納税しましょう。)
その問いに対してyesで答えます。
すると後日、自宅にワンストップ特例申請書が送られてきます。
そして、その申請書に必要事項を記入の上、納税先の自治体に送付します。
はい、たったこれだけです。

なんとなく難しそうに感じるかもしれません。私も初めて利用した時はそうでした。
しかし、いざやってみると非常に簡単です。

少しでも節税したい方は是非今年はチャレンジしてみましょう!

 

終わりに

 サラリーマンのメリットの一つとして、税金関係はほとんどすべて、会社が処理してくれる、という点があります。
これはメリットであると同時に、税金に関する知識が全く身につかない、というデメリットでもあります。

私もサラリーマンになりたての頃は、ふるさと納税なんて、めんどくさそう、やる理由もよくわからん、と突っぱねてしまっていました。
(当時の自分を殴りたい)

しかし、一度やり始めた今では、やらなければものすごく損をしている気分になるので、やらずにはいられません。

皆様もふるさと納税で少しでも節税をして、安定の老後生活を迎えましょう!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それではまた!