ヒガサラblog

サラリーマン向けに、仕事を効率良く進めていくための方法についてご紹介しています。プログラミングから対人スキルまでを幅広く掲載中。

ヒガサラblog

【python】変数を含んだディレクトリ指定方法~フォルダ作成演習~

f:id:yshgs_elec:20200525094604j:plain

プログラミングをしていると複数のフォルダを順番に処理していくようなことはよくあると思います。

今回はpythonでディレクトリに変数(数字)が含まれている際のディレクトリ指定方法についてご紹介します。

是非みなさんも一緒にやってみましょう。 

 

説明を簡単にするために、今回はpython実行フォルダの中に

python1

python2

...

...

python10

という形で

文字(python)+1~10までの数字

というフォルダを作ってみましょう。

 

私の実行環境

Windows10 64bit

anaconda prompt

python3.7

 

実行コードは以下です。

>>> import os
>>> ccc=1
>>> while ccc<11:
...    dir='python'+str(ccc)
...    os.mkdir(dir)
...    ccc+=1
...
>>>   

 

以下実行結果です。

ちゃんとフォルダができていますね。

f:id:yshgs_elec:20200527150513j:plain

 

 

一つ一つの構文を説明しておきます。

 import os

os と呼ばれるパイソン上でフォルダを作れるモジュールを立ち上げる。

 

ccc=1

変数の最初の数字を指定する。

ここを2とか3にすればその数字からフォルダが作られます。


while ccc<11:

指定した変数が11より小さい場合は繰り返し実行する。

(今回は10まで作りたいので<11としておけばOK)

※練習でも調子にのって1000とかにすると、とんでもなくフォルダができあがるので注意。

 

...    dir='python'+str(ccc)

新たに作るフォルダ名を変数(今回はdir)として宣言する。

ここが今回の重要ポイントです。

ディレクトリを変数として指定する際に数字を使う場合、数字はstr()でくくる必要があります。是非覚えておきましょう。

ここを忘れてしまうと

TypeError: can only concatenate str (not "int") to str

というエラーメッセージが出てきます。


...    os.mkdir(dir)

OSというモジュールを使って先ほど宣言した変数であるdirというフォルダを作る。

mkdirはフォルダ作成コマンドです。

よく使われるコマンドなので覚えておきましょう。


...    ccc+=1

処理のループを回す際にcccという数字に1加える。

ここを2とか3にすれば、飛び飛びの数字でフォルダを作ることができます。

 

フォルダを一つ一つ処理するのは面倒なものです。

少しでもプログラミングスキルを習得して意味のない、時間のかかる作業は自動化していくように心がけましょう。

 

というわけで今回の記事は以上です。

引き続きpython,openCV,VBAなどのプログラミングスキルを紹介していきますので一緒に成長していきましょう!

 

 

それではまた!

 

関連記事

www.higashisalary.com

www.higashisalary.com