ヒガサラblog

サラリーマン向けに、仕事を効率良く進めていくための方法についてご紹介しています。プログラミングから対人スキルまでを幅広く掲載中。

ヒガサラblog

【学生必見】留年が今後の人生にもたらす3つのデメリット

f:id:yshgs_elec:20200527232556j:plain

学生の皆さん、単位の取得は順調に進んでいますか?

大学にはいろいろな人がおり、その中には当然留年している人も数多く存在しています。これを読んでいるみなさんの中には、そんな人を見てきたことによって、一年くらい留年しても大して影響ないかな、なんて考えを持ってしまっている人もいるのではないでしょうか?

 

この記事はそんな人のための記事です。

 

この記事では、私独自の目線から、

留年することによって発生する

金銭的負荷の増加

留年連鎖反応

社会的価値の損傷

という3つデメリットをご紹介します。

 

この記事を読み終えているころには、絶対に留年なんてしたくない、明日から単位取得に全力を尽くそうと思っているはずです。

是非最後までご覧ください。

 

※この記事はパチンコ、麻雀、アルバイトなどに精を出しすぎた結果、留年しそうになっているひとにむけて書いています。

体の不調や、留学などの、致し方ない理由や、しっかりとした人生設計に基づいて留年する場合は、この記事の話は当てはまりませんので、そのような境遇の方はご安心ください。

 

留年によって生まれる3つのデメリット

早速ですが、留年をすることによって発生するデメリットを3つご紹介します。

3つ紹介しますが、どれが一番のデメリットとかはありません

すべてあなたの人生に悪影響をもたらすには十分な効力をもっています

留年しそうな人は是非最後まで目を通しておきましょう。

金銭的負荷の増加

f:id:yshgs_elec:20200525093112j:plain

まず一番わかりやすいのがこの金銭的デメリットです。

単純に一年間大学に在籍する期間が増えるわけですから、その分の学費や家賃を余分に払わなければいけません。家賃にもよりますが、100万円程度は損すると思っておいたほうがいいです。これは非常にわかりやすいデメリットですね。

 

もしかすると家が裕福で、留年したとしても学費なんて親が出すから関係ない、なんて思っているひとがいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

確かに、在学期間中の金銭的デメリットを享受することはないかもしれませんが、留年はあなたの老後にこそ、大きなダメージを与えるものであるということを覚えておいてください。

 

なぜなら、留年するということは、働ける年数が一年間減るということを意味しているからです。それも入社直後の給料が低い一年ではありません。定年直前の給料があがりきっている一年が削られるのです。

多い人では年収1000万円に到達している人もいるのではないでしょうか?

つまり、一年留年するということは1000万円を獲得できるチャンスをみすみす逃すということを意味しているのです。

 

年金崩壊と言われている昨今です。老後の1000万がどれほど重要かは誰が見てもわかると思います。

しょうもない理由での留年は絶対にしないようにしましょう。

 

留年連鎖反応

f:id:yshgs_elec:20200527232916j:plain

次に紹介するのが留年連鎖反応です。

留年連鎖反応とは、一回目の留年をきっかけに二度、三度と留年してしまうことを言います。(私が勝手に言っているだけですが。)

このような現象が起きてしまう理由は二つあります。

 

一つ目はシンプルに精神的リミットが外れてしまうためです。

一回目の留年は多少なりとも恐怖を感じるでしょうが、一度経験してしまえば、その恐怖心がなくなり、危機感が薄まるので、再び留年しやすくなってしまうのです。

 

二つ目は周囲のサポートを失うからです。

大学の授業は正直友達いかにつながっているかに大きな影響を受けます。留年をする前は友達にレポートを見せてもらったり、わからないことを質問することができたはずですが、一度留年してしまうとそれらのサポートが一切なくなってしまいます。その結果、単純に学力不足で留年してしまうのです。

 

これは本当に恐ろしい現象です。二回留年すると先ほど紹介した金銭的デメリットも二倍です。絶対に一度目の留年を回避するように努めましょう。

社会的価値の損傷

f:id:yshgs_elec:20200525091900j:plain

 これは正直一回留年したくらいの人であれば大きなデメリットにはならないでしょう。

しかし、先ほども申し上げたように留年は連鎖しやすいものです。

ここではパチンコ麻雀にはまったあげく、二回以上留年してしまった人間を、私はどの思っているのかをご紹介します。

(留年なんて会社に入ったらばれないと思っているかもしれませんが、定期健診の時期などで普通にわかりますので、変に隠したりしないほうがいいです。)

 

正直私はパチンコや麻雀にはまったあげく、二回も留年した人に対しては、

人生において何が重要なのか判断できない人

だと思っています。

 

なぜ一回だけの人は許されるのかというと、

一回だけで終わった人は、ものごとの重要さに気づき、リカバリーを頑張れる人だからです。留年連鎖反応でも述べたように留年を一度で食い止めるにはかなりの努力が必要です。私はその努力は汲んであげるべきだと考えているからです。

※もちろん留年しないにこしたことはありませんが。

 

しかし二回は絶対に許せません。何が重要なのか気づけない、リカバリーもできない。

こんな人が優秀であるはずがありませんから。

 

 

このご時世、パチンコ麻雀ができても、なんの得もありません。

そんなことに時間を費やしたあげく、先に述べたデメリットを享受して生きなければいけないことに気づけないなんて、正常な判断ができる人間だとはとても思えません。

 

そんな風に思われている人に重要な仕事は回ってきませんし、当然出世もできるはずがないと考えています。

大学時代のたった1,2年の楽しさを優先した結果、40年近く続く社会人生活の楽しさが奪われるのです。

絶対に留年は回避しましょう。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?

冒頭にも申し上げたように留年する理由はひとそれぞれであり、留年のすべてを否定するつもりはありません

体に無理を強いて留年を避けたところで、将来的に休職してはこれ以上にデメリットが待っていますし、留年することで社会的価値を上げられるのであれば、これらのデメリットは軽くはねのけることができます。

 

しかし私が見てきた留年経験者の多くが、パチンコ、麻雀、アルバイトに精を出しすぎた結果、留年してしまうパターンがほとんどです。このようなパターンによって留年しそうになっている人は、今すぐ意識を変える必要があります

変えなければこの記事で紹介したようなデメリットを今後一生背負っていきていくことになるのです。控えめに言ってコスパが悪すぎます。

 

とはいえ、すでに留年してしまっている人もいることでしょう。

すべてをリカバリーすることはできないかもしれませんが、取り戻そうとしないよりは圧倒的にマシです。これまでの行動を悔い改め、全力で人生をリカバリーすることに努めましょう

 

 

この記事を読んでくれた学生が少しでも危機感を抱き、努力することで、幸せな人生を送れることを願っています。

 

それではまた次回!

関連記事

www.higashisalary.com

www.higashisalary.com