ヒガサラblog

サラリーマン攻略法を徹底解説。(出世、就活、上司、仕事、クリアするのはこれだけ。)仕事で使えるプログラミングスキルも多数掲載!

ヒガサラblog

【就活生必見】転職しやすい人の特徴&就活で重視すべきこと

f:id:yshgs_elec:20200525091900j:plain

就活生の皆さま、就活は順調に進んでいますか?会社選びというのは今後の人生を大きく左右するもの。

 

仕事が合わなければ転職すればいい、と考えている方も多いかもしれませんが、転職というのは、仕事内容や住まいが変わり、大きなストレスがかかるものです。家族がいればそれはさらに大きくなります。

 

さらに精神面だけでなく、職種によってはこれまで培ってきたスキルやノウハウが使えず、新しい職場で一から身につける必要があります。

当然、同い年で入社歴が長い人と比べられると不利になる場合もあるでしょう。

 

このような背景から、最初から自分にマッチした会社で働けるに越したことはありません。この記事は、この考え方に共感してもらえた人のための記事です。

 

私はこれまで何度も同僚の転職を見てきたなかで、転職する人に明確な共通点があることに気がつきました。

この記事では

転職しやすい人の持つ特徴

転職をしないために、仕事選びで重視すべきこと

この二つをご紹介します。

 

就活生のみなさんは、少しでも参考にしていただき、自らの進路選びに役立てていただければ幸いです。

 

転職しやすい人の持つ特徴

f:id:yshgs_elec:20200603201301j:plain

転職しやすい人の特徴。それは出身地から遠く離れた県外に就職しており、かつ同じように遠方出身者と結婚してしまった人です。

共働きが当たり前の世の中。夫婦だけで子育てをしていくのは本当に大変です。

ただでさえ大変だというのに、子供や奥様が風邪をひいたときには、ただの地獄です。自分が風邪をひいたほうがよっぽど楽だと思えるほどです。

 

そんなとき、近くにどちらかの親がいてくれるだけで子育ての難易度が一気に下がります。私は妻の実家の近くに住んでいるのですが、このことでどれだけ救われたか数え切れません。

病気のときには面倒を見てもらえるし、子供が欲しがるものも買ってもらえることもあるでしょう。

 

このようなサポートのない、県外出身同士の子育ては、精神的にも経済的にも苦しくなるものです。そしてこの苦しさを手っ取り早く解決するには、どちらかの出身地に転職し、親のサポートを受けながら暮らすのが一番だと考えるのになんの疑問もありませんよね。

これが県外出身者同士の結婚が転職しやすい理由です。

 

 

転職をしないために就活で重視すべきこと

前半は子育てのサポートが得られない人が転職しやすいという話をしました。次は子育てのハードルを少しでも下げれるように、仕事選びで重視すべきことをご紹介します。現在就活中の皆様に少しでも参考になれば幸いです。

在宅勤務が可能な会社に就職する

家族が病気になって家事をすべてやらなければいけなくなっても、在宅勤務ができるのであればある程度耐えることはできます。

例えばこどもが病気になり、日中看病していたとしても、在宅勤務であれば、子供が寝ている間だけでも働くことが可能です。

実際私も在宅勤務をしています。突然子供が熱を出したときは保育園に迎えに行き、妻が帰ってくるまでの間は看病していますが、その後は業務を再開する、という仕事のやり方ができています。

これができるかどうかは非常に大きいと感じています。最近はテレワークが当たり前となりつつありますが、職種によってはまだまだ普及してないところもあると思いますのでよく確認のうえ、就活をしましょう。

 

共働きしなくて良いほどの高収入な会社に就職する

共働きする理由を考えてみたときに、当然お金が挙げられます。

私も夫婦共働きですが、正直妻の収入のおかげで、ものすごく生活に余裕はあります。

 

正社員で働いていれば年収300万円程度は稼げるでしょう。この年間300万円があるかないかは、子供の進路や、住宅購入の際に選択肢を大幅に広げてくれるものなので、できることなら共働きをするにこしたことはありません。

 

しかし、その分家事、育児にものすごい負担がのしかかってきます。

家事、育児も楽ができ、余裕のある生活をするには、収入をできるかぎり上げ、配偶者に家事、育児に専念してもらうのが一番です。

 

ここでいくら稼げばいいの?

という疑問は生まれるでしょうが、正直これに正解はありません。住む場所によって大きく変わるからです。とは言え、お金はいくらあっても困るものではありません。できる限り高収入な会社で働くことをお勧めします。

 

副業可能な会社に就職する

これは先ほどと同じく、狙いは収入を上げることです。しかし、高収入な会社というのは必然的に残業が多くなりがちで、ほとんど家にいないということもあり得ます。

 

私個人の意見ですが、仕事を頑張れる理由の一つに、確実に家族の存在があります。

いくらお金を稼いでいても、家族と週末しか会わないような生活では、いずれ虚しさを感じるようになるでしょう。

 

そんなとき、副業であれば、家にいながらお金を稼ぐことができますので、収入をあげるということと、家族との時間を確保するということを両立させることができます。

 

政府の方針で副業が当たり前になりつつあるとは言え、まだまだ認めていない会社も多いみたいですので、入社する前に是非確認しておきましょう。

 

終わりに

というわけで、今回は就活生に向けて、転職しやすい人の特徴と、転職しないために就活で重視すべき点についてご紹介しました。

この他にも、就活やサラリーマンを題材にした記事を多数掲載しておりますので、興味があればご覧ください。

それではまた!

 

関連記事

www.higashisalary.com

www.higashisalary.com