【VBA】セル内文字の配置変更!中央、左右、上下に!画像を使って実演!

 

この記事では、セルの中に記述されている文字の配置をVBAを使って変更する方法をご紹介していきます。

 

要は、VBAで以下の画像内のボタンを自動でいじくるというわけですね。

シートの見栄えを整える際になどにぜひご活用ください。

 

それではやっていきましょう。

 

スポンサーリンク

VBA上でセル内の文字配置を調整する方法

早速ですが、VBA上で文字配置を調整する方法は以下の通りです。

 

〇左右の位置を調整する場合

指定セル.HorizontalAlignment = xlCenter

⇒中央配置

指定セル.HorizontalAlignment = xlRight

⇒右端寄せ

指定セル.HorizontalAlignment = xlLeft

⇒左端寄せ

 

〇上下の位置を調整する場合

指定セル.VerticalAlignment = xlCenter

⇒中央配置

指定セル.VerticalAlignment = xlTop

⇒上端寄せ

指定セル.VerticalAlignment = xlBottom

⇒下端寄せ

 

ひとつ覚えておけば他はすぐに対応できるはずです。

 

とはいえ、これだけでは実感がわかないと思いますので、使用例を見てみましょう。

 

スポンサーリンク

VBAでセル内の文字配置変更を実演

今回は以下のA1セルに対して先ほど紹介したスキルを適用してみましょう。

(右上の赤枠も同時に確認していきましょう。上下方向に関しては初めからセンター配置にはっているはずです。)

 

まずは左右方向に対して中央揃えにしてみましょう。

 

以下がそのコードです。

Range(“A1”).HorizontalAlignment = xlCenter

 

実行してみましょう。

文字が中央により、さらに右上の赤枠内も変化していますね。

 

どんどん行きます。

次は右端に寄せてみましょう。

以下がそのコードです。

Range(“A1”).HorizontalAlignment = xlRight

 

実行結果です。

問題なく実行できていますね。

(左寄は割愛しますが、RightをLeftに書き換えればOKです。)

 

 

次は上下方向です。

(実行前にデフォルトの配置設定に戻しています。)

まずは上側に寄せてみましょう。

 

以下がそのコードです。

Range(“A1”).VerticalAlignment = xlTop

 

実行結果です。

デフォルトは左寄せなので、この処理によって左上に文字が移動していますね。

 

次は下側に移動してみます。

以下がそのコードです。

Range(“A1”).VerticalAlignment = xlBottom

 

実行結果です。

問題なく実行できていますね。

 

スポンサーリンク

おわりに

というわけで今回はセルの文字配置をVBAで自動調整する方法をご紹介しました。

 

見栄えを整える際などにぜひご活用ください。

 

また、以下の記事では、セルの背景色や文字色をVBAで変更する方法をご紹介しています。

興味があればご覧ください。

【VBA】セルの背景色&文字色を変更する方法!RGB概念から解説!

 

このように、私のブログではエクセルスキルはもちろん、様々なプログラミングスキルを紹介しています。

今は仕事中で時間がないかもしれませんが、ぜひ通勤時間中などに他の記事も読んでいただけると嬉しいです。

⇒興味をもった方は【ヒガサラ】で検索してみてください。

確実にスキルアップできるはずです。

 

最後に、この記事が役に立ったという方は、ぜひ応援よろしくお願いします。

↓ 応援ボタン

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました