【エクセルVBA】指定した列を削除する方法!VBAでの実行方法まで!

f:id:yshgs_elec:20210406213550p:plain

この記事では、エクセル上の指定した列を削除する方法をご紹介していきます。

通常のシート上の操作方法に加えて、VBAで同じ作業を実行する方法までを解説していきます。

※この記事の内容を実行すると、列がまるごと消えます。

空欄状態になるわけではありませんのでご注意ください。

それでは早速やっていきます!

スポンサーリンク

エクセルシート上での実行方法

今回は以下の画像のE列を削除してみようと思います。

f:id:yshgs_elec:20210406211809j:plain

まずは通常のエクセルシート上での操作方法です。

①削除した列の上にカーソルを移動して右クリック

②メニューの中から削除(D)を選択

たったのこれだけです。

f:id:yshgs_elec:20210406211835j:plain

削除を押すと以下のようにもともとE列にあったdata4がなくなっていることがわかると思います。

簡単ですね。

f:id:yshgs_elec:20210406211933j:plain

スポンサーリンク

VBAでシートの列を削除する方法

次はVBAで同じ作業を実行する方法をご紹介します。

以下がVBAでE列を削除するサンプルコードです。

(2つのパターンに分けて解説します。)

◆シートの列削除サンプルコード①

Sub Macro1()
Columns("E:E").Delete
End Sub

これはシンプルでわかりすやすいですね。

ちなみにE:Eの部分をE:Fとかにすれば複数の列を一気に削除できます。

◆シートの列削除サンプルコード②

Sub Macro1()
Columns(5).Delete
End Sub

E列は左から数えて5番目なので数値の5を入力しても同じ結果になります。

IF文と組み合わせて繰り返し処理する際には、こちらのやりかたが便利ですので、ぜひ覚えておきましょう。

実行してみましたが、どちらのコードも問題なく動作することが確認できました。

◆追加の豆知識

今回のように列ごと削除したいわけではなく、単に空欄状態にしたいだけであれば、コード上のDeleteの部分をClearContentsに書き換えればOKです。

⇒Columns(5).ClearContents という感じ。

こちらもよく使うスキルですので、覚えてきましょう。

スポンサーリンク

おわりに

というわけで今回はエクセルシートの指定列を削除する方法をご紹介しました。

データ整理をしていると頻繁に出くわす作業ですので、ぜひやり方を覚えておきましょう。

次回は今回紹介したVBAスキルを応用して、

条件に当てはまる列だけを一括削除する方法をご紹介しようと思います。

お楽しみに!

このように私のブログではエクセルスキルはもちろん、様々なプログラミングスキルを紹介しています。

・日々の残業時間を減らしたい。

・業務をもっと効率的にこなしたい。

・もっと勉強する時間を作りたい。

こんな思いを持っている人は、ぜひ他の記事も見てみてくださいね。

この記事が役に立ったという方は、ぜひ応援よろしくお願いします。

↓ 応援ボタン

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました