ヒガサラblog

サラリーマン向けに、仕事を効率良く進めていくための方法についてご紹介しています。プログラミングから対人スキルまでを幅広く掲載中。

ヒガサラblog

【エクセル】マクロ実行ボタンの作成手順!画像つきで詳細解説!

f:id:yshgs_elec:20200914221423j:plain

 

『エクセルファイル上にマクロ実行するボタンがあるのを見たことがある。自分も作りたいけど作り方がよくわからない。』

 

この記事では、こんな悩みを解決します。

 

マクロの実行ボタンを作っておくことで、

開発タブを選択⇒マクロをクリック⇒マクロの選択⇒実行

という面倒な作業を省略することが可能です。

 

何度も同じマクロを実行している人は、ぜひやり方をマスターし、日々の業務を効率化していきましょう。

 

さっそくやっていきます!

 

 

やりたいことのイメージ共有

本題に入る前に、この記事で紹介する内容を共有化しておきましょう。

この記事では、以下の画像のようなマクロを実行するためのボタンの作り方を紹介していきます。

f:id:yshgs_elec:20200914212723j:plain


 あなたのやりたいこととイメージが一致していれば、ぜひ続きをご覧ください。

 

マクロ実行ボタンの作成手順

基本的には以下のようにマクロはすでに記述されていることを前提に進めていきます。今回は以下の二つのマクロのうち【get_file_name】のボタンを作成してみましょう。

(今回は以前私の記事で紹介したファイル名を一括変更するマクロをベースに説明していきます。)

f:id:yshgs_elec:20200914213457j:plain

 

 

手順①ボタンの挿入&マクロの登録

まずは以下の画像を参考に、

開発タブ⇒挿入⇒ボタン(ボタンフォーム)を選択します。

f:id:yshgs_elec:20200914213558j:plain

この段階ではまだ何も起きていないはずです。

次にエクセルシートのどこでも良いので、クリックします。

すると以下のようなウィンドウが現れます。

ここで、登録したいマクロを選択し、右下のOKボタンをクリックします。

f:id:yshgs_elec:20200914213832j:plain

 

すると以下の画像の右側にあるように小さなボタンが出現しているはずです。

f:id:yshgs_elec:20200914213937j:plain

 

ここまででも、このボタンを押すことで、さきほど登録したマクロを実行することが可能になっています。

とはいえ、このままでは味気ないので、次はボタンの装飾を変更していきましょう。

 

手順②ボタンの装飾

まずは、ボタンを右クリック⇒シートの適当な場所を左クリックします。

そうすると、ボタンの8方に白い〇が出現します。

この状態がボタンを装飾できる状態になります。

 

それでは、初めにボタンの大きさを変更してみましょう。

以下の画像のように、ボタンの右下にカーソルをもっていき、斜めの矢印が出現している状態で、ドラッグ&ドロップを行います。

そうすることで、ボタンの大きさを自由に調整することが可能です。

f:id:yshgs_elec:20200914214234j:plain

 


次はボタンの位置の変更方法についてです。

先ほどと同じ要領で、ボタンの8方に白い〇がある状態にします。

そしてボタンの周辺にカーソルを動かしてみてください。

以下の画像のように、十字矢印がどこかで出現するはずです。

この十字矢印が出ている状態で先ほど同様にドラッグ&ドロップを行うと、ボタンを移動することが可能です。

f:id:yshgs_elec:20200914214421j:plain

 

最後に、ボタンの中のテキストの編集方法についてです。

ボタンの中にカーソルを持っていき、右クリック⇒テキストの編集を選択します。

するとセルの中に文字を打ち込むときのようなカーソルが出現しますので、あとはいつも通りに編集するだけです。

f:id:yshgs_elec:20200914215123j:plain

 

文字の入力が終わったら、最後にフォントと文字サイズを調整します。

さきほど同様に、ボタンの8方に白い〇が現れている状態にします。

その状態で、ホームタブに移動します。

そこから以下の画像を参考に、フォントと文字サイズを変更していきます。

あなたの環境に応じて見やすいものを選定しましょう。

f:id:yshgs_elec:20200914215317j:plain

 

ここまでやれば、使い勝手のよいものができれいるはずです。

あとは、複数のマクロを構築している場合は、その分のボタンを同じように作成し、使いやすいエクセルシートになるように整えていきましょう。

 

※念のため、マクロの実行が機能するかの確認はお忘れなく。

 

 

終わりに

というわけで今回は、構築したエクセルマクロを実行するためのボタンの作り方についてご紹介しました。

開発タブ⇒マクロ⇒マクロの選択⇒実行という面倒な作業を何度も行っている人は、ぜひ時間をとって実行ボタンを作っていきましょう。

これだけでも、日々の業務を少しは効率化できるはずです。

 

このように、このブログでは、エクセル(VBA)を中心に、様々な業務効率化スキルを紹介しています。

■業務の生産性を上げたい。

■早く帰って子供と遊びたい。

こんな人はぜひ他の記事も読んでみてください。

 

また、VBAを使ってこんなことがしたいんだけど、やり方がわからない、という悩みを抱えているかたは、お気軽にコメント欄から質問してください。

私にわかる範囲であればご協力いたしますので。(もちろん無料です。)

 

最後に・・・

このブログを応援してあげても良いよ、という方は以下のボタンをポチっていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

 

Twitterもやっていますので、興味があれば覗いてみてください。

それではまた!!

 

関連記事

www.higashisalary.com

 

 

www.higashisalary.com