【エクセルVBA】指定領域内の空欄セルに斜線を設定する方法!

このページでは以下の画像のように指定した領域内の空欄セルにのみ、斜線を設定する方法をご紹介していきます。

指定領域に一括で斜線を設定した様子

 

資料作成しているとよく出くわす作業内容だと思いますので、ぜひ自動化して作業効率化を進めましょう。

 

それではさっそくやっていきましょう!

 

スポンサーリンク

VBAの実行環境を構築しておく

今回紹介する作業内容はVBAというエクセルにあらかじめ備わっている自動化ツールを使用します。

 

VBAの使い方は以下で紹介しておりますので、これまでに使ったことがない、という方はまずは以下からご覧ください。

エクセルマクロ(VBA)の始め方!初心者向けに画像を使って詳細解説

 

スポンサーリンク

指定領域内の空欄セルに一括斜線する方法

それでは本題である指定領域内の空欄セルに一括で斜線を設定する方法をご紹介していきます。

 

基本的には以下のVBAコードの5行目位にある領域指定だけを変更して実行するだけでOKです。

Sub diagonal_line()
    Dim i, j  As Integer
    Dim dl_region As Range
    '斜線設定する領域を指定
    Set dl_region = Range("A2:CF8")
    For i = 1 To dl_region.Rows.Count
        For j = 1 To dl_region.Columns.Count
            '空欄だったら斜線を設定する
            If dl_region(i, j) = "" Then
                Range(dl_region(i, j).Address).Borders(xlDiagonalDown).Weight = xlThin
            End If
        Next
    Next
End Sub

 

スポンサーリンク

サンプルコードの実行結果確認

それでは先ほどのコードの実行結果を確認していきましょう。

 

まずは実行前の状態です。

サンプルコード実行前のエクセルシート

この状態で先ほどのコードを実行してみます。

サンプルコード実行後のエクセルシート

問題なく空欄領域に斜線が設定されていますね。

 

スポンサーリンク

おわりに

というわけで今回は、エクセルVBAをつかって指定領域内の空欄セルに一括で斜線を設定する方法をご紹介しました。

ぜひ業務効率化にご活用ください。

 

このように、私のブログではエクセルスキルはもちろん、様々なプログラミングスキルを紹介しています。

 

今は仕事中で時間がないかもしれませんが、ぜひ通勤時間中などに他の記事も読んでいただけると嬉しいです。

⇒興味をもった方は【ヒガサラ】で検索してみてください。

確実にスキルアップできるはずです。

 

最後に、この記事が役に立ったという方は、ぜひ応援よろしくお願いします。

↓ 応援ボタン

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました